こんばんは。

怖いのが大嫌いなのに、9tsuで本当にあった怖い話スペシャル見てしまって、
眠れなくなってしまい夜更かし中のAYAPANです。


さて、高いビルが密集する都会のバンコクですが、中心から少し離れると実は緑が多いんです。

今回は「バーン・カチャオ」の癒しの森でのサイクリングをご紹介します。

チャオプラヤー川の蛇行によって作られた半島で、バンコクのオアシスとも称される緑豊かな地域です。

観光客にはあまり知られていませんが、バンコクで暮らす人々にとっては、数少ないきれいな空気を味わえる癒しスポットなのです。

1060461

バーンカチャオに行くには、クロントイの港から船に乗ります。

クロントイ港までは、BTSプロンポン駅からタクシーに乗ってラマ4方面へ10~15分。

朝8時のクロントイ港。自転車で人が集まってきています。

自分の自転車を船に乗せて持っていくこともできますが、対岸で自転車をレンタルすることもできます。

早速船渡し代20バーツ(往復)でチケットを買い、乗船します。

1060468

自転車がない私たちは思ったより小さい定員5名のボートで。
ちょっとスリリングな5分間。対岸に到着です。

1060471

船着き場に到着するとすぐレンタル自転車屋があります。一日80バーツです。

1060479

おんぼろ自転車が多いのでよく選びましょうw

DSC_0859

自転車屋さんでサイクリングマップをもらって、さあ出発!


DSC_0854

中心に水上マーケットがあると聞いて、まずは水上マーケットを目指すことに。

古い民家と畑が並ぶのどかな田舎道を、爽快に走り抜けます。地図だと近いように感じますが、結構遠いです。

1060477

15分ぐらい行ったところで、お寺の看板を発見したので寄り道。

大きなお寺ではありませんが、ローカル住民の方々が通うお寺のようです。


1060480

それからまた自転車をこいで約20分、バンナプン水上マーケットに到着です。


1060481

水上マーケットという名前はついていますが、ボートに乗る水上マーケットではなく、
川沿いに屋台が密集していて歩いて回るマーケットです。
地図では小さく見えましたが、中は結構広くて楽しめます。


1060484

他にも肉、野菜、果物、日用品等まんべんなくあり、大きなバッグを持って買い出しにくる地元住民が多くいました。
観光客はほとんどいないので、ローカルなタイの生活を味わえる市場です。

1060489

マーケット内の一角にある休憩所。ドリンクを売っている屋台もあるので、買い物した後は日陰で休憩できますよ。

さて、次はその先にある森の中のカフェを目指します。
カフェまでの道のりは、今までよりも狭いジャングルの中のような小路を進んでいきます。

1060501

10時を過ぎて日差しが強くなってきましたが、ヤシの木の揺れる音と所々の木陰で涼しく感じます。

1060511

20分程いったところで、大きなツリーハウスが見えてきました。
緑に囲まれたかわいい古民家風の「Bangkok Tree House」
ここはゲストハウスで、部屋の屋上からは森を見渡すことができます。
ここにカフェが併設されており、サイクリングの休憩にはぴったりの場所です。

1060512

フレッシュなフルーツスムージーやカフェメニューの他、食事もできます。
自家農園でとれた食材を利用しているオーガニックなカフェです。

さて、日差しが一番強くなってきたお昼前、別のルートで最初の船着き場を目指します。

1060519

帰り道、湿地帯に生息するマングローブを発見。バンコクではなかなか見る機会がないので必見です。
ジャングルの中をぐるぐると少し迷いながらも、船着き場の近くまで戻ってきました。

1060522

旅の締めくくりは、行きに目を付けていたカオマンガイ屋台でランチ。
森の中の半日ショートトリップ終了。渡し船でクロントイ港へ戻ります。

夏場は特に暑いので、行く時間は朝から昼までをおすすめします。
あと水上マーケットがやっているのは週末なので、土日がおすすめですよ。
たまには休日に早起きして、都会の喧騒から離れた癒しの森林空間バーン・カチャオへ
ショートトリップしてみては