おはようございます。

バリから帰って3日経つのにまだスーツケースがそのままになっている、、、片づけられない女AYAPANです。
今週末にはまた旅立つというのに、どうするつもりなのでしょうw

さて、昨日に引き続きバリ旅行を振り返ります。
今回バリに行くと決まって、まず絶対買ってこようと思って目をつけていたもの。

”アタバッグ” 

アタというのバリ島や周辺の島に生息する植物のこと。
これを編んでつくられた籠バッグがアタバッグです。

ウブドのバリスイングからの帰り道、運転手さんにアタバッグ買いたい!と言ったら、
帰り道にファクトリー(工場)があるよ!とのこと。

f0baf42a494e5817_S

アタバッグの中では有名な、ガイドブックにも載っているブランドらしいです。
市内にたくさんお店があるのですが、この工場が一番安いとのこと。

DSC_1645

入り口を入るとアタの木が生い茂っています。

DSC_1647

この茎の部分を乾燥させたものを使って、バッグを編むんですね。
お兄さんが工程を説明してくれます。

DSC_1651

編んだ後は、このように天日干しします。

DSC_1652

そのあとは専用の窯の中で燻蒸します。

DSC_1654

その後デザインを施して、店頭に並びます。

DSC_1657

デザインが施された木のプレートをあしらったかわいいバッグ発見。

DSC_1656

一個一個デザイン違ったので選ぶのに時間がかかりましたが、お気に入りを発見!
私の大好きなちんちょっく(ヤモリ)さんがいる!きゃわいいぃぃ即決購入ですw


こちらは450,000ルピア(約3,400円)でした。
デザインによって異なりますが、一番定番のこの大きさのショルダーなら、
250,000~500,000ルピア(約2,000~4,000円)のバッグで買えますよ。
ちなみに街のショッピングモールやスーパーで同じものを見たら2倍ぐらいしました。
やっぱり工場だから安いんですねー。

バッグのほかにも、アタの雑貨小物がたくさんありますよ。
バリに来たらぜひお土産にどうぞ!

これオーダーメイドして日本で売りたいんだけど、OEMしてくれるとこあるのかなー
次回バリに行ったときの課題としよう。

18-09-11-17-23-29-747_deco

さて、今日はどこにおでかけしようかな


<詳細情報>
ASHITABA FACTORY
Jl. Siulan No.114, Penatih Dangin Puri, Denpasar Tim., Kota Denpasar, Bali 80237, Indonesia
https://goo.gl/maps/UrcPFTVV5dw
+62 361 461536